ForteFibreの日常

京都工芸繊維大学 ロボコン挑戦プロジェクトの実態を暴くブログ。

大会 関西春ロボコン

関西春ロボコン2022で大活躍!!!

お久しぶりです、もうすぐ2回生、たぬきです。

入部してから第1回新人戦SRC2021と大会に出場してきた私たちですが、3/11に関西春ロボコン(HP)に参戦してきました!
関西春ロボコンは、NHKロボコン大会を目指している大学の新人チームによるロボット競技会です。
私たちForteFibreからは、2021年入学の新入生で構成された2チームが出場しました。

大会は、下記3大学の4チームで競い合いました。
単位回収bot(京都工芸繊維大学)
モタモーター(京都工芸繊維大学)
M³RC(三重大学)
Robohan(大阪大学)

大会の様子

大会結果

優勝単位回収bot (京都工芸繊維大学)

準優勝モタモーター(京都工芸繊維大学)

参加した2チームは優勝準優勝と素晴らしい結果を収めることができました!!!!!ワーイ!!!!!ヤッター!!!!!!パチパチパチ!!!!!!!
上記得点表からもわかる通り、両チームとも試合で良い得点を残せました。

優勝チームである単位回収botは、3分の試合時間内にタスクをすべて達成し、今大会最高得点である1005点をたたき出すことができました!!!!!!!!!カッコイイ~~~~!!!!!!!
これは3/8に開催された関東春ロボコンでも達成されてないんですわよ!え~~~スッゴ~イ!!!!!!キャ~~~~!!!!



ふぅ

さて、この記事では優勝準優勝の喜びを前面に出してきましたが、うれしいです。本当に、本当に、うれしいんです。

というのも、以前出場した大会SRC2021では私たちは思うように結果を残せず、我々新入生個人としてもForteFibreとしても悔しい思いがありました。なので、次の大会である関西春ロボコン2022こそは、しっかり動く機体をしっかり作って本番で活躍したい!という意気込みで新入生一同、張り切って取り組んでまいりました。
ですので、今回のこのような結果が残せたことを大変喜ばしく思っています。

もうすぐ「新入生」というタグが取れてしまうメンバーたちの自信にもつながったと思います。

スポンサーの皆様、面倒を見てくださった先輩方・各位、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
関西春ロボコン2022での勢いのまま、次の大会「東海地区交流ロボコン(とうロボ)」でも好成績を目指して、張り切って取り組んでいきます!!

機体回収の儀

安全第一!ヨシ!

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。